メーカーによっては無料回収サービスもある

カテゴリ

最新情報覧

2017年09月19日
使用上の注意点を更新。
2017年09月19日
生産コストの低いリサイクルトナーを更新。
2017年09月19日
普通のトナーよりも安いリサイクルトナーを更新。
2017年09月19日
限りある資源を有効活用した製品を更新。

カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リサイクルトナーの耐久性について

リサイクルトナーは回収済みの容器にトナーを入れなおして、再利用しているようですが、回収を熱心に行うところは、カートリッジの使用回数があがり、思わぬカートリッジのギヤのところの破折することが、頻回になってきて、ある業者のトナーを使用をやめました。トナーカートリッジ破損の原因で、本体の新品を買いなおすことになり、リサイクルによって得た利益を、吐き出す結果になりました。
トナーのカートリッジの可動部品はプラスチック製なので、使用頻度や取扱いによって破損の頻度がふえてくると考えられます。トナーカートリッジの部分から、見られるようになってきて、使用頻度なりの結果になります。トナー自体は各社そんなに差を感じませんが、中古カートリッジの点検、新品のカートリッジの補給が少ないと、製品の安定にはつながらないと思います。私は現在は、大量のリサイクルトナーを扱う会社からかっていますが、そこの会社は基本的に回収しません。回収をしないリサイクル会社は、安定した、メーカーの回収品の供給があるのか、トラブルは今はありません。
基本リサイクルメーカーは自社で、リサイクル品の回収をするメーカーは、注意するべきだと思います。リサイクルトナーを一個売りでなく、多数セット売りしている会社はカートリッジの在庫が豊富で、安定していると考えられます。リサイクルメーカーは、回収しない会社とセットで多数売っている会社がおすすめです。

リサイクルトナーの魅力に関して

1.価格が安いリサイクルトナー
従来の商品に比べてリサイクルトナーは使用済みのカートリッジを分解、洗浄、修理、部品交換して、従来の商品のように再生可能にした商品をいいます。
リサイクルトナーは純正品の部品を再利用してトナーを充填しているので、研究開発費がほとんどかかりません。そのため、純正品に比べてかなり低価格で利用することができます。リサイクル品の利用ですので、メーカーによっては保証がついていたり、カートリッジの無料回収サービスなどを行っているところもあります。
繰り返し再生利用することが可能ですので、地球環境に優しいことも魅力になります。
2.ランニングコスト削減には保証がしっかりしたリサイクルトナー
いろいろな企業で書類の印刷は必要としています。その印刷費は年間で考えるとかなりの金額になっていることもあると思います。
そういったランニングコストを考えると、比較的高価なトナー費用を抑えることが重要になります。企業によっては保守サポートまで契約してしまっているところもあるので、どのくらい費用がかかっているのかが、わかりにくい所もあると思います。確実に効果が上げられるのがリサイクルトナーを用いるという方法です。トナー本体の費用がかからない、従来の商品とは違って安く手に入れることができます。このような理由からリサイクルトナーには魅力があるといえます。

エコサービスを中心とした業務を取り扱っている当社では、トナーユニットのリサイクルを格安特別料金で行っております。 当社のサービス概要は、幅広い種類のトナーユニットのリサイクルなどの環境にやさしいサービスを行う所です。 リサイクルトナーとは、純正のトナー同様のステータスまで再生させたカートリッジのことです。 リサイクルトナーは通販のインクスポット.JPで!

コンテンツ

使用上の注意点

リサイクルトナーの注意点 企業において、経費削減をすることはとても重要なことでありますので、様々な…

続きを読む

生産コストの低いリサイクルトナー

メリットとデメリットについて プリンターを使う際に必要となってくるのがトナーです。トナーには純正品…

続きを読む

普通のトナーよりも安いリサイクルトナー

リサイクルトナーとは何だろう 皆さんはリサイクルトナーというものをご存知でしょうか?仕事をしていく…

続きを読む

限りある資源を有効活用した製品

リサイクルトナーの魅力とは リサイクルトナーという言葉を耳にしますが、レーザープリンタなどで使用さ…

続きを読む